井戸の修理

どこであっても、盆前の井戸のポンプの修理はむつかしい(*´Д`)

更新日:

井戸とポンプの修理職人のもぐら2号です。

 

8月10日、昼過ぎにうちのお客様から連絡が…

「井戸から水がでてない、、野菜に水がかけられへん、、見に来て---」と

毎年、毎年このタイミングでどこからから連絡を頂きます。しかしながら、盆前のこのタイミングは

どうにもこうにもできないタイミングです。

 

それは、井戸ポンプのメーカーが、すでに盆休みに入るからポンプや部品の手配ができない(T_T)

っということは、井戸のポンプ交換を必要としても、それができないということ、、。

ってことは、水を出せない状態が盆休みの間続くということ、、、。

 

幸い、今回のお客様は、野菜のビニールハウス用に深井戸を使用しているのですが、代替え水源の農業用水で

盆休みの間は対応できるとのことでした…(それでも、農業用水との差は大きいので嫌がっていましたが…)

以前にもこのようなケースがよくあって、一番困ったのが年末休みの12月30日に蕎麦屋さんのポンプが壊れたケース。

蕎麦屋さんですから12月31日の年越しそばが一番の書き入れ時です。なので、どうしても復旧させてほしいと、切実に

言われたことがあります。 10年以上前だったので、その時はポンプメーカーの担当者に無理を言って工場在庫を

取りに行ってもらったことがあります。

 

今も同じようなことができるかというと、全くできません(T_T)  なぜなら、土日も含め、休みになると担当者と基本的に

連絡が取れない状態だからです。10数年前は、メーカーの担当者は会社支給の携帯電話は常に携帯・電源onでした。

ほんとにドライ??な時代になってしまいました、、仕方ありませんが。

 

ってことなので、盆・正月近くなると、少しドキドキするって話でした。

しかし、対応策がないわけではありません。次回、当社の対応策をお知らせします(^^)/

-井戸の修理

Copyright© 井戸とポンプの修理職人もぐら2号 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.