ポンプの修理 井戸の修理

兵庫県明石市で工場の深井戸の修理を依頼されて行ってみたら、、、水中ポンプがなくなっていた(事故)

更新日:

井戸とポンプの修理職人のもぐら2号です。

 

  今回は、今年の3月くらいに依頼のあった現場について…

  「うちのお客さんの工場に古い深井戸があるねんけど、なんかポンプがないみたい??」

  …ポンプがない??どういう状況??「とりあえず、見に行きます」と伝えて後日、現場へ…

 

  後日、見に行くと、、、ありません、本来あるはずの水中ポンプを支えている深井戸地上部が、、、

  「これは、なんでどういう状況ですか?

  「工場を増設するときに、いったん深井戸を止めて、周りに建物建てる時にユンボで引っかけたって聞いてる」

  「ってことは、深井戸水中ポンプを井戸の中に落としてしまった??ってことですか??」

  「そういうことかな? ま、とりあえずなんとかして」

  「…(笑)」

 

 深井戸業界の中での事故ってなのが、いくつかあって、水中ポンプ落下は重大事故の一つです、、、。

 深井戸ってのは、ようはただの筒、直径15センチから30センチの筒。しかし長さが40mから150mくらいまで。

 その中に、宙づりの状態で水中ポンプを設置しています。底につけて使用するものではありません。

 だから、何らかの原因で宙づり状態が解除されたら、ようは落としてしまったら、、、しかも水の中、、、。

 回収及び引き上げがかなり難しいといえます。

 

 ってことを、連絡あった工事会社と施主(工場のオーナー)に、丁寧に説明したうえで、、

 「やれることは、やってみます。 まず、引き上げる方法が何種類かありますので、それを試していきます

  ただ、工事費用は結果問わず発生しますのでご了承ください。それでもいいですか?」と確認。

 でも、そこのオーナーさんは、その深井戸にすごい愛着があるみたいで、何とかしてほしい、とのこと。

 

 で、それからいろいろ試行錯誤してみて、、、ここからは、すこし企業秘密があるので省略(笑)

 結果、無事引き上げに成功いたしました(^^)/

 オーナーさんはもちろん、工事会社の方も喜んでくださいました。それよりうれしかったのは、、

僕です\(^o^)/

-ポンプの修理, 井戸の修理

Copyright© 井戸とポンプの修理職人もぐら2号 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.