ポンプの修理

《深井戸》ポンプの水の出が悪くなったら??

更新日:

井戸モグラ2号です。
 兵庫県東南部(神戸市・明石市・加古川市・稲美町・三木市・小野市・加東市・姫路市)で、井戸を掘ったりメンテナンスしたりしています。

 今日は、《深井戸》ポンプの水の出が悪くなった時、どうなってるの??です。
 

 お客さんから、「ポンプの出が悪くなってんや、、、ポンプ寿命か??」とよくお問い合わせがあります。さて、これは正しいのでしょうか??

 とりあえず、ポンプの水の出が悪くなった時の原因を書き出してみます。

  ①ポンプの不調
    →インペラ(ポンプの羽)が摩耗したりして、能力を出せない
    
  ②揚水管やポンプの閉塞
    →揚水管やポンプの中に、水あかや砂が溜まって、水の流れが悪くなってる。

  ③揚水管の腐食による穴あき
    →揚水管が、腐食によって穴が空いて、水が漏れてる状態になってます。

  ④バルブ・チャッキ弁が、落ちてる
    →バルブやチャッキ弁が、腐食して落ちて詰まってる状態

 これらのどれかの原因でなってるのですが、①以外の原因でポンプ交換するともったいないのですが、、、、なかなか判断しにくいです。

 先日も、90%以上揚水管の穴あきと判断しても、もしかしたらポンプの不調の可能性も捨てきれない。って事で、ポンプを注文して作業に入りましたが、、、

 見事に穴が空いてました。
 しかしながら、ポンプも注文していたので、新品のポンプを入れて、既存のポンプを整備し予備用にすることになりました。

 

 この日のポンプ工事の内容は、、、、

 《深井戸データ》 
   深井戸深度 45メートル
   自然水位  10メートル
   運転水位  15メートル
 《ポンプデータ》
   ツルミポンプ SP5A-7 1.1kw
ポンプ位置 24メートル
   揚水量   約100ℓ/分

  朝9時から12時で作業行いました。

-ポンプの修理

Copyright© 井戸とポンプの修理職人もぐら2号 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.